なんだろう(気になる製品や旅行先)

これはなんだろう〜気になる品物や旅先情報
MENU

皆生温泉の美味しい食べ物は何でしょうか?

松葉ガニ

山陰の冬を代表する味覚で、毎年11月初めから翌年3月20日ごろまで漁が行われます。酢しようゆで食べる茹でガニは最高、また香ばしい焼きガニは絶品。あっつあつのカニスキもたまりません、新鮮なカニ足を生でいただく力ニ刺しは賛沢。天ぶら、グラタン、お味噌汁、雑炊などなど、松葉ガニといってもその食べ方は多様です。

 

岩牡蠣

夏が旬。松葉ガニと並ぶ山陰のもう一つの味覚は夏場の岩ガキです。その名のとおり岩に張り付いて成長するカキで、養殖のカキと比べものにならないほど大粒です。しかも味といい食感といい言うことなしです。

 

白イカ

日本海で獲れるイカで最も水揚げが多いのはスルメイカですが、皆生温泉のイカというとシロイカです。味は折り紙付きで、一度食べると味のとりこになることでしょう。また皆生温泉の海には、夜ともなると水平線上にイカ釣り船の漁り火がとてもきれいです。

 

美保エビ

2004年に命名したエビです。学名はトゲクロザコエビ。地元ではドロエビとかモサエビと呼ばれています。体長10センチほどで、味は甘味が強くて弾力があり、こちらではアマエビより美味しいと珍重されています。ところが、鮮度の持ちが悪く、地元でしか食べられません。刺身、塩焼き、唐揚げ、味噌汁などなんでもOK!頭までバリバリ食べる塩焼きは一押しです。

 

皆生温泉カクテル

2004年、日本バーテンダー協会米子支部と共催で、カクテルコンペティションを開催し、グランプリに選ばれたのが、写真のカクテルです。名付けて「海のしずく」。温泉街の眼前に広がる日本海のマリンブルーをイメー ジしました。アルコール分はおよそ9%。幾分甘口で、ロ当たりがよく、女性にもやさしいカクテルです。なお、館内にスナックなどの設備の無い旅館は扱っていない場合がありますので、あらかじめお問い合わせください。

 

皆生温泉オリジナル日本酒

皆生温泉旅館組合青年部が、稲作農家や酒造会社などと連携して2009年に完成させたのが皆生温泉オリジナ ル日本酒「皆生温泉 海に降る雪 上代」です。酒米の田植えから稲刈り、酒の仕込みまで青年部も加わっ て造るこだわりのお酒です。極上の純米大吟醸あられ酒で、炭酸の効いたスッキリとした飲み口。酒通の間では和製シャンパンのようだと大好評です。皆生温泉の各旅館でご賞味いただけます。

 

皆生温泉は、日本海を臨む松林の中に近代的なホテルや数寄屋造りの旅館が立ち並び,彼方に島根半島,東に大山が雄姿を見せるリゾート地です。皆生温泉の旅館ランキングで貴方のお好みの旅館を選びのんびりと温泉に浸かりお過ごしください。

 

» 続きを読む

日本人なら一度は参拝したい伊勢神宮

伊勢志摩のホテル

 

伊勢神宮は、日本でいちばん格式が高い特別な神社。境内全体が強力なパワースポットと言われています。伊勢の清らかなパワーで心身ともに浄化して、運を開きましょう。

 

 

伊勢神宮ってどんなところ?

800万人超が参拝する日本で一番の神社伊勢神宮は日本で一番格式が高く、特別な信仰を集めている神社です。その理由は、お祀りされている神様が日本人にとって最高の神様である天てらすおおみかみ照大御神であること。天照大御神は、神話の時代から天上天下の主としてれてきた神様です。また、その天照大御神が天皇家の祖先であるため、皇室を敬うのと同様に伊勢神宮は尊敬を集めてきました。

 

平安の頃から貴族、武士たちは伊勢神宮にお参りをしてきました。旅行の自由がなかった庶民も、伊勢参りに行くことは許されていました。特に江戸末期には集団で伊勢に参る「お蔭参り」が大流行し、数 万人が伊勢神宮を訪れたといいます。現在、伊勢神宮には年間に800万人を超える参拝者が訪れています。

 

 

全125社におよぶ巨大な社の集合体

伊勢神宮は、五十鈴川の河畔に広がる内宮、伊勢市街地にある外宮、伊勢周辺に点在する社を合わせた125社の総称です。内宮はその中でも最も重要な宮で、正式には「皇大神宮」と言います。天照大御神をお祀りする正宮のほか、12の社があります。外宮は、正式には「豊受大神宮」と言います。お祀りしているのは豊受大御神で、丹波の国より食物を司る神として迎えられました。外宮には、正宮と13の社が点在しています。

 

 

伊勢の地と定めた天照大御神の神託

伊勢神宮の創建は1300年以上前、持統天皇の時代、697年頃とされています。伝説では垂仁天皇の皇女倭姫命が天照大御神をお祀りする場所を探した結果、伊勢の地に伊勢神宮ができまし左倭姫命は場所を求め、伊賀、近江美濃などの地をめぐりました。

 

倭姫命はやがて伊勢の国、五十鈴川のほとりにたどり着きます。そのとき「常世から波が打ち寄せるこの美しい国に住みたい」という天照大御神のお告げを聞きました。これにより、伊勢神宮が現在の地に置かれるようになったのです。

 

日本人なら一度は参拝したい伊勢神宮をはじめとして、自然、グルメ、絶景、テーマパーク、お土産まで、旅の魅力いっぱいの伊勢志摩で折角なのでホテルも評判の良い宿に宿泊したい物ですよね。そんな時は伊勢志摩のホテル ランキングでお好みのホテルを探してみませんか?

 

» 続きを読む

加賀百万石の金沢は見所一杯の観光地ですね

金沢の旅館(ホテル)

 

華麗な武家文化が息づく古都金沢と、ぐるり日本海に囲まれた能登半島歴史や自然あふれるスポットをはじめ、温泉も各地に点在。もちろん新鮮な魚介料理も見逃せない!

 

 

兼六園

 

10万m2の敷地に見どころが点在する兼六園は、広すぎてどうめぐればいいのか迷いそう。そんな兼六園ビギナーは水辺散策がおすすめ。霞ヶ池から曲水に沿って瓢池まで順にめぐれば、必見スポットを効率的に押さえられる。

 

兼六園豆知識

 

岡山の後楽園、水戸の偕楽園と並ぶ日本三名園のひとつ。延宝4(1676)年に加賀藩5代藩主綱紀が造園に着手し、その後、歴代藩主によって作尉された典型的な林泉回遊式大庭園。宏大、幽邃、人力、蒼古、水泉、眺望の六
勝を兼ね備えていることから命名された。茶室や橋、池などが巧みに配置され、春の桜や冬の雪吊りなど、四季折々美しい。

 

ひがし茶屋街 町家でほっこり

 

格子戸が連なるかつての花街で、時おり三味線の音も聞こえる。往時の姿のまま公開している茶屋や、町家を改装したカフェなども充実している。散策が楽しいエリアだが、一般の民家も多いので見学マナーには注意を。

 

花街の面影をもつ格式高い茶屋街

 

かつて遊郭がある花街だったひがし茶屋街。文政3(1820)年、加賀藩が茶屋を集めて街にしたのが始まりで、にし、主計町とともに三茶屋街として栄えた。艶やかな雰囲気が漂う街には今でも「一見さんお断り」の格式高い茶屋が多く、昔ながらのお茶屋風情が色濃く残っている。

 

昼と夜、違う表情を見せる路地

 

ひがし茶屋街では路地をめぐるのも楽しみのひとつ。町家を利用したカフェやショップが連なる通りから左右に延びる細い路地へ。昼は街に暮らす人々の様子がうかがえ、夜は三味線の音が響く艶やかな風情を感じられる。

 

長町・武家屋敷めぐり

 

長町は藩政時代、中級以上の武士が暮らしていたところ。現在も黄土色の土塀を張りめぐらせた立派な門構えの屋敷が連なる。馬をつないだ石や細い路地も当時のまま。まるで時が止まっているかのような風景だ。

 

冬の訪れを知らせる風物詩

 

長町に雪の季節を知らせるのがこもがけ。土塀を水分などの雪害から守るため、わらを編んで作ったこもを掛ける。作業は毎年12月上旬に行われ、翌年3月中旬まで冬支度をした街並みが楽しめる。

 

長町は生活の場でもある

 

加賀藩の家臣らが暮らしていた長町界隈。路地沿いの屋敷では現在も実際に生活している家が並び、大声で騒いだり、無断で敷地に入るなどはNG。見学時にはマナーを守りたい。

 

金沢の宿泊先は?

 

美食の街、金沢には料理自慢の旅館(ホテル)が多い。新鮮な海の幸や地野菜などを使った加賀料理はもちろんのこと、きめ細やかなもてなしもにも古都の情緒があふれています。料理も雰囲気もどっぷり金沢に浸かりたい人にはおすすめですね。

 

» 続きを読む

このページの先頭へ